徒然
日々生活の中で 「美味しい」コトを探しています!!
プロフィール

chonchon

Author:chonchon
料理を離れて、もう4年。
趣味で料理をしています。
自分で作った料理、出先で出会った料理、
色々紹介していきます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


食材のシグナル
僕は、料理を始めておよそ4年目で視力が落ちました。
どれくらい落ちたかというと、
ホールのお客様の表情が目で確認できた時から、
近くで調理をしている後輩の手元が見えなくなるくらい…。

ただ、そこで僕の料理に対する大きな成長の一つがあったのです。

それは…
「食材の出すシグナルを見逃さないこと」

そう、食材は
切る時、焼く時等様々な調理に応じてその「音」を変えます。
肉を焼いた時など、やけ具合は「香り」が教えてくれます。

「音」と「香り」が認識できれば
目はほとんど、自分の手元だけで充分なのです。
(ホールはそういうワケにはいきませんが)

料理は本当に「タイミング」が大切です。
良い食材を使おうが、「タイミング」を逃してしまえば
味も値打ちも半減します。
ただ、そのタイミングを目だけで判断するのは
あまりにもアサハカです。
いや、目以外の情報の方が料理をする上では必要なコトが多い。

食材が調理中に出す「音」と「香り」は
それなりに音のリズムを持ってます。
そう考えると、料理って楽しいですね。

大切なのは、
「食材には個性があり、それを常にアピールしている」というコト。
その「個性」を見つけられれば、美味しい料理は必然と作れます♪
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。