徒然
日々生活の中で 「美味しい」コトを探しています!!
プロフィール

chonchon

Author:chonchon
料理を離れて、もう4年。
趣味で料理をしています。
自分で作った料理、出先で出会った料理、
色々紹介していきます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パエリア part3と、おまけ♪
昨日の晩は、友人が家に来たので自宅にて料理しました。
相変わらず、パエリアです。
自分が好きなメニューだからと言って、
色々な人に「美味しいよ~」と勧めていますが、
本当に僕の中ではあのサフランの香りが最高です♪
パエリア3
パエリア3の2

本当に魚介ぎっしり!!
ま、その分魚介の旨みもいっぱい詰まってました。

で、最後にオマケの
この料理。
タコのマリネ

「タコのマリネ ぺペロンチーノ」
オイルにガーリックの香りをうつし、
鷹の爪を一緒に熱し、辛味をくわえます。
そしてぶつ切りにしたタコに混ぜる。
味付けは塩コショウのみでOKです。
簡単かつ美味しいです。
ちなみに、僕は最後にセージ(パウダーですが)入れました。
ちょっと上品な香りになります。

もう一品、って時に是非!!

スポンサーサイト

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ


パエリア part2
今日は合計8人で協力しあい、完成したパエリア。
以前とは違い、色合い鮮やかです。
パエリアはやはり、食材選びからしっかりしないと…。

久々のパエリアなので、
皆で楽しい食事となりました。

新パエリア


また食べたいです。

サフランライス
今日の一品

20070318154716.jpg



サフランライスです。


作り方は簡単。
最初にオリーブオイルでガーリックと海老を炒め、
ワインでフランベ。
出たダシ汁にサフランで香りと色をうつし、お米を炊く。
フライパンでこつこつ炊く。
水はこまめにたしてください。

最後に塩・胡椒で味を合わせ、
バターモンテで風味付け。

はい、出来上がり♪

パエリア
パエリアパンとサフラン

さて、何を作るでしょう??

もう皆さんお分かりですね?
そうです。「パエリア」です。

最初にパエリアについてお話を。
パエリアとは、スペインの料理で、
休みの日等にお父さんが家族の為に作るという
いわば「男の料理」でした。
その頃は、パエリアとは料理ではなく、
料理を入れるあの器のコトをパエリアと呼んでいたのです。

しかし時代は流れ、
料理そのものにパエリアという名前がつきました。
そこで、今までの鉄の皿は新しい名前を与えられました。
ちなみに、新しい名前は「パエリェラ」です。
言いにくいですね(泣)

さてさて、パエリアについてのうんちく話はここまで。。

いよいよ調理です。
ニンニクで香りつけをしたオリーブオイルで具を炒めます。

ワインで臭みを飛ばし、種を取ったトマトをいれ煮崩して、
サフランを入れて香付けをします。

具を取り除き、米を入れます。
少し硬いくらいに炊きます。

炊けたお米の上に具を盛り付けます。

これでできあがり。
調理途中のパエリア
出来上がりパエリア


ちなみに、食べる時は
お好みでレモンを絞ってたべましょう。
酸味が味を引き締めてくれ、爽やかな味になりますよ♪


オムライス
洋食で、皆が好きなモノといえばオムライス。
簡単そうで、意外と難しい。
ライスに関しては、その人のお好みのままに。
問題はやっぱり卵の火加減に尽きる。

フライパンに卵を入れるタイミングが一番重要。
これ失敗すると、今回は妥協して…ってなコトになる。
少しきつい目にフライパンを熱して、
概ね余熱でそこそこ火が通るであろうくらいの加減が大切です。
あとは皆さんの腕しだい…ってことで♪

余熱でも火は通ります。
そして、卵は「一度加熱した時の状態を維持する」性質を持ちます。

卵は奥深いですね。omuraisu.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。